伊達 宗城(読み)ダテ ムネナリ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説


肩書
民部卿,大蔵卿,伊予宇和島藩

別名
号=藍山

生年月日
文政1年8月1日(1818年)

出生地
江戸

出身地
伊予国(愛媛県)

経歴
旗本山口直勝の次男。文政12年伊予宇和島藩主伊達宗紀の養子となり、弘化元年家督を継ぐ。賢侯として知られた。一橋慶喜を将軍継嗣に擁立したことにより安政5年隠居、その後も島津久光、松平慶永、山内豊信らと公武合体派の諸侯として活躍。王政復古後、義定、外国事務総督、外国知官事、民部兼大蔵卿等を歴任。明治4年全権大使として清国に派遣され通商条約締結に努める。16年修史館副総裁に就任。

没年月日
明治25年12月20日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android