伊集院 斉(読み)イシュウイン ヒトシ

20世紀日本人名事典の解説

伊集院 斉
イシュウイン ヒトシ

昭和期の美学者,小説家,評論家



生年
明治28(1895)年8月4日

没年
昭和51(1976)年8月21日

出生地
鹿児島県

本名
相良 徳三(サガラ トクゾウ)

学歴〔年〕
東京帝大美学科卒

経歴
毎日新聞を経て成城高校、日大、北京師範大、宮崎大、成城大などで美学を講義する。昭和初期には大衆文学大衆文学論を執筆した。著書に小説集「種子島渡来記」「展望車の窓から」、評論「大衆文学論」などがあり、ほかにG.メテディス「喜劇論」の翻訳などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android