コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏せ縫い・伏せ繍い・伏せ繡い ふせぬい

大辞林 第三版の解説

ふせぬい【伏せ縫い・伏せ繍い・伏せ繡い】

和裁で、縫い代を片側に倒し、端を表に小さな針目を出して縫いとめること。肩当てや居敷当ての布端の始末にも用いる。
日本刺繡ししゆうで、金糸などの太い糸を布にはわせ、細い糸で縫いとめて刺す技法。 《伏繡》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伏せ縫い・伏せ繍い・伏せ繡いの関連キーワード居敷当て