コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏羲・伏犠・ふっぎ ふっき

大辞林 第三版の解説

ふっき【伏羲・伏犠・ふっぎ】

〔「ふくぎ」 「ふっぎ」とも〕 中国、古伝説上の帝王。三皇の一。女媧じよかの兄、また夫(漢代以前の古書では二人は関連がない)。人首蛇身で、八卦はつけ・文字・瑟しつを考案し、婚姻の礼を定めた。また、網を作って漁労を、火種を与えて動物の肉を焼くことを人類に教えたと伝える。太皡たいこう。太昊たいこう。大皓たいこう。庖犠ほうぎ・炮犠ほうぎ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伏羲・伏犠・ふっぎの関連キーワード火種八卦漁労

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android