コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏見宮文秀尼 ふしみのみやぶんしゅうに

1件 の用語解説(伏見宮文秀尼の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

伏見宮文秀尼

伏見宮邦家親王第七王女。大和円照寺六世を継ぐ。皇族最後の尼門跡の宮。通称は福喜宮、道号は大和、法謚は最勝心院。孝明天皇の養女となる。手芸・和歌また有栖川流の書に秀でた。大正15年(1926)薨去、83才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伏見宮文秀尼の関連キーワード伏見宮邦家親王伏見宮邦高親王伏見宮邦頼親王伏見宮貞敦親王妙法院覚胤法親王伏見貞教親王東伏見宮山階宮久邇宮大知文秀

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone