コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏見宮貞常親王 ふしみのみや さだつねしんのう

美術人名辞典の解説

伏見宮貞常親王

伏見宮貞成親王(後崇光太上天皇)の第二王子。母は敷政門院幸子。後花園天皇猶子となり、父貞成親王の後を受け伏見宮第三代主となる。式部卿を務める。歌文、詩、連歌等に長じる。著者に『魚山百首』『山賎記』等がある。文明6年(1474)薨去、50才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

伏見宮貞常親王の関連キーワード仁和寺宮道永法親王勧修寺覚円法親王曼殊院慈運法親王妙法院覚胤法親王覚胤入道親王梶井宮尭胤勧修寺常信邦高親王源幸子

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android