コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏見宮貞常親王 ふしみのみや さだつねしんのう

1件 の用語解説(伏見宮貞常親王の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

伏見宮貞常親王

伏見宮貞成親王(後崇光太上天皇)の第二王子。母は敷政門院幸子。後花園天皇の猶子となり、父貞成親王の後を受け伏見宮第三代主となる。式部卿を務める。歌文、詩、連歌等に長じる。著者に『魚山百首』『山賎記』等がある。文明6年(1474)薨去、50才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伏見宮貞常親王の関連キーワード伏見宮邦永親王伏見宮貞清親王伏見宮貞建親王後崇光太上天皇後崇光院貞成親王伏見宮敷政門院梵阿源幸子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone