伏見宮貞敦親王(読み)ふしみのみや さだあつしんのう

美術人名辞典の解説

伏見宮貞敦親王

伏見宮第六代。伏見宮邦高親王第一王子、後柏原天皇の猶子。永正4年二品に叙せられ中務卿に任ぜられる。天文13年落飾し澄空と号した。後柏原院流の書を能くした。元亀3年(1572)薨去、85才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android