コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休職・休業 きゅうしょく・きゅうぎょう

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

休職・休業

休職とは従業員の身分を保持したまま、長期間勤務を免除または停止する場合に用いる。主に本人の事由に起因することが一般的で、病気や怪我による休職や懲戒休職(出勤停止)などがある。ただし、法的な規定はない。 休業は、労使関係を解消せずに事業を休止する状態をさすが、特に労使いずれかの事由により、勤務を免除することをいう。労働基準法で休業としているものは、産前産後休業、育児・介護休業、業務・通勤災害休業などがある。業績不振などによる休業の場合、平均賃金の6割以上の休業手当が義務づけられている。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android