コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休職・休業 きゅうしょく・きゅうぎょう

1件 の用語解説(休職・休業の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

休職・休業

休職とは従業員の身分を保持したまま、長期間、勤務を免除または停止する場合に用いる。主に本人の事由に起因することが一般的で、病気や怪我による休職や懲戒休職(出勤停止)などがある。ただし、法的な規定はない。 休業は、労使関係を解消せずに事業を休止する状態をさすが、特に労使いずれかの事由により、勤務を免除することをいう。労働基準法で休業としているものは、産前産後休業、育児・介護休業、業務・通勤災害休業などがある。業績不振などによる休業の場合、平均賃金の6割以上の休業手当が義務づけられている。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

休職・休業の関連キーワード休職分限専門職制度従業員持ち株制度従業員組合期間従業員従業員持株団体養老保険従業員満足(ES)公務員の再任用制度

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone