休言葉・休詞(読み)やすめことば

精選版 日本国語大辞典の解説

やすめ‐ことば【休言葉・休詞】

〘名〙 特に深い意味はないが、ことばの調子をととのえるために文中に挿入することば。特に詩歌でいう。
袖中抄(1185‐87頃)二〇「顕昭云、うつらうつらとはつらつらと云ふ詞歟。うは、やすめ詞にてそふる

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android