会津藩 古文書造り(読み)あいづはんこもんじょづくり

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

あいづはんこもんじょづくり【会津藩 古文書造り】

福島の日本酒。新発見の古文書「酒作入方要用書留帳(さけつくりかたようようかきとめちょう)」により、江戸の元禄時代の製法を復元し、現在の吟醸酒に行われる「アルコール添加法」の祖形ともいえる「柱焼酎」を加える方法で造られた限定品。芳醇で旨みのある甘口酒。麹米は美山錦、掛米には会津産まいひめを使用。仕込み水は磐梯山系の伏流水。蔵元の「田苑酒造株式会社・会津工場」は、弘化3年(1846年)創業の「会津松栄酒造」が平成13年(2001)に鹿児島の「田苑酒造」と合併したもの。所在地は会津若松市日新町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android