コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会津高田[町] あいづたかだ

世界大百科事典 第2版の解説

あいづたかだ【会津高田[町]】

福島県西部,大沼郡の町。人口1万6332(1995)。会津盆地南西部,宮川上流域を占め,町域の8割は山林からなる。中心の高田は,宮川西岸の扇状地に位置し,陸奥国二宮で会津地方の総鎮守伊佐須美神社鳥居前町として発達,近世は越後と下野を結ぶ街道の宿駅であり,六斎市が開かれていた。南西に接する永井野とあわせ4kmにおよぶ街村をなしている。明治から大正にかけては郡役所も置かれ,現在も郡東部の商業中心地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android