コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会社員の公的医療保険

1件 の用語解説(会社員の公的医療保険の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

会社員の公的医療保険

主に大企業がつくる健康保険組合には従業員1500万人、中小企業向けで社会保険庁が運営する政府管掌健康保険には1900万人が加入する。健保組合保険料率は組合によって3・12〜9・6%と大きな開きがあるが、平均は収入の7・4%。一方、加入者の平均年収が健保組合と比べて165万円低い政管健保は、保険料率が8・2%と高い。それでも財政状況は不安定で、税金による補助を受けている。

(2007-12-01 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会社員の公的医療保険の関連キーワード健康保険組合組合管掌健康保険政府管掌健康保険従業員組合相互組合協会けんぽ国民健康保険組合相互保険組合肩代わり法会社員らの社会保険

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone