コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝書バト でんしょバト Columba livia; homing pigeon

2件 の用語解説(伝書バトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝書バト
でんしょバト
Columba livia; homing pigeon

カワラバト家禽化したもの(→ドバト)で,帰巣性を利用して通信用および競技用に用いられるハト。通信に利用する起源は古代エジプトにさかのぼり,無線通信と電話が発達するまでは最も有効な通信手段であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伝書バト【でんしょバト】

カワラバトを改良したハトの一品種。翼長23cm。帰巣性にすぐれるため,古くから通信用に用いられた。古代エジプトや古代ギリシアですでに使われたといわれ,現在のものはベルギーなどヨーロッパで改良された。
→関連項目ハト(鳩)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

伝書バトの関連キーワードカワラバト家鳩河原鳩緋鯉変り鯉孔雀鳩鴿米茄子ドバト(土鳩∥鴿)カワラバト亜科

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伝書バトの関連情報