伝書バト(読み)でんしょバト(英語表記)Columba livia; homing pigeon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カワラバト家禽化したもの(→ドバト)で,帰巣性を利用して通信用および競技用に用いられるハト。通信に利用する起源は古代エジプトにさかのぼり,無線通信と電話が発達するまでは最も有効な通信手段であった。第2次世界大戦中にゲリラとの通信に役立ったのは有名な話である。競技用のハトは特にレースバトと呼ばれる。競技は通信用と同様に訓練したハトを用い,飛行距離および所要時間が争われる。訓練によって遠距離の 2地点間(500~800kmが最も多い)を一直線に最短距離で飛ぶ。ハトの競技はヨーロッパと北アメリカで最も盛んに行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カワラバトを改良したハトの一品種。翼長23cm。帰巣性にすぐれるため,古くから通信用に用いられた。古代エジプトや古代ギリシアですでに使われたといわれ,現在のものはベルギーなどヨーロッパで改良された。日本には19世紀末に軍用バトとして輸入された。現在は実用に使われることは少なくなったが,レースは盛んに行われている。
→関連項目ハト(鳩)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

伝書バトの関連情報