コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝染性単核球症/単核細胞性アンギーナ でんせんせいたんかくきゅうしょうたんかくさいぼうせいあんぎーなInfectious Mononucleosis

家庭医学館の解説

でんせんせいたんかくきゅうしょうたんかくさいぼうせいあんぎーな【伝染性単核球症/単核細胞性アンギーナ Infectious Mononucleosis】

[どんな病気か]
 EBウイルスの初感染でおこる病気です。ほとんどの人は、小児期にこのウイルスに感染しますが、ふつうは発病しません。しかし、まれに扁桃炎(へんとうえん)や肝炎(かんえん)になる人がいます。これを伝染性単核球症といい、それによっておこる扁桃炎を単核細胞性アンギーナといいます。
 ふつう、子どもにおこりますが、まれに20歳代の人にもみられます。
[症状]
 くびのリンパ節が腫(は)れたり、39~40度の高熱が出ます。肝臓や脾臓(ひぞう)が腫れることもあります。
 血液を検査するとリンパ球が増加し、その中に異型リンパ球がみられます。
[治療]
 安静と消炎鎮痛薬の服用で通常1週間程度で治ります。細菌感染の予防に抗生物質も併用します。高熱が続いたり肝炎を合併した場合は、入院が必要になることがあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

伝染性単核球症/単核細胞性アンギーナの関連キーワードEBウイルス

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android