コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝染性単核球症/単核細胞性アンギーナ でんせんせいたんかくきゅうしょうたんかくさいぼうせいあんぎーな Infectious Mononucleosis

翻訳|Infectious Mononucleosis

1件 の用語解説(伝染性単核球症/単核細胞性アンギーナの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

でんせんせいたんかくきゅうしょうたんかくさいぼうせいあんぎーな【伝染性単核球症/単核細胞性アンギーナ Infectious Mononucleosis】

[どんな病気か]
 EBウイルス初感染でおこる病気です。ほとんどの人は、小児期にこのウイルスに感染しますが、ふつうは発病しません。しかし、まれに扁桃炎(へんとうえん)や肝炎(かんえん)になる人がいます。これを伝染性単核球症といい、それによっておこる扁桃炎を単核細胞性アンギーナといいます。
 ふつう、子どもにおこりますが、まれに20歳代の人にもみられます。
[症状]
 くびのリンパ節が腫(は)れたり、39~40度の高熱が出ます。肝臓や脾臓(ひぞう)が腫れることもあります。
 血液を検査するとリンパ球が増加し、その中に異型リンパ球がみられます。
[治療]
 安静と消炎鎮痛薬の服用で通常1週間程度で治ります。細菌感染の予防に抗生物質も併用します。高熱が続いたり肝炎を合併した場合は、入院が必要になることがあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

伝染性単核球症/単核細胞性アンギーナの関連キーワードエイズウイルスヘルペスウイルスライノウイルスEBウイルスウイルス株ウイルスフリー株スローウイルス伝染性単核症エプスタイン-バーウイルスウイルスの病原性 (pathogenicity of virus)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone