コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

似関船 にたりぶね

大辞林 第三版の解説

にたりぶね【似関船】

江戸時代の海船の一。船体下部は荷船の形に、上部は矢倉で囲んで、弓・鉄砲の発射口を設けた関船せきぶねに似る。平時・戦時両様の機能をもつ船。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

似関船の関連キーワード江戸時代平時矢倉荷船

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android