似関船(読み)にたりぶね

大辞林 第三版の解説

にたりぶね【似関船】

江戸時代の海船の一。船体下部は荷船の形に、上部は矢倉で囲んで、弓・鉄砲の発射口を設けた関船せきぶねに似る。平時・戦時両様の機能をもつ船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android