コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位相差AF イソウサエーエフ

デジタル大辞泉の解説

いそうさ‐エーエフ〔ヰサウサ‐〕【位相差AF】

phase detection autofocusAFカメラの測距方式の一つ。二つのレンズで分離した被写体の像間隔を専用のセンサーで計測し、像間隔がある値になったレンズ位置を合焦状態とする。イメージセンサーに加え、測距用のセンサーを必要とするため、カメラ本体の小型化が難しく、一眼レフカメラに広く採用されている。ふつう測距時間はコントラストAFよりも短い。横ずれ方式位相差検出方式位相差検出AF。位相差オートフォーカス。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

位相差AFの関連キーワードSCSIバスフェーズDOCSIS破壊相ビセンテINDCSMA/CD符号誤り位相差オートフォーカス相変化メモリーCPB

位相差AFの関連情報