コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低レベル放射性廃棄物埋設センター

1件 の用語解説(低レベル放射性廃棄物埋設センターの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

低レベル放射性廃棄物埋設センター

原発などで生じた廃液や消耗品など、低レベル放射性廃棄物ドラム缶に詰めた状態で埋設する施設。規模は8万立方メートル(ドラム缶40万本相当)で、最終的に約60万立方メートルに拡大する計画。90年に国の事業許可が下り、92年に受け入れが始まった。

(2006-06-15 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

低レベル放射性廃棄物埋設センターの関連キーワードローレベルフォーマット消耗品茸雲廃液低レベルフォーマット電源三法交付金低レベル花崗岩アイアンクレイ医療・研究所由来の低レベル放射性廃棄物処分計画高レベル放射性廃棄物の最終処分場

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

低レベル放射性廃棄物埋設センターの関連情報