コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低レベル放射性廃棄物埋設センター

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

低レベル放射性廃棄物埋設センター

原発などで生じた廃液や消耗品など、低レベルの放射性廃棄物ドラム缶に詰めた状態で埋設する施設。規模は8万立方メートル(ドラム缶40万本相当)で、最終的に約60万立方メートルに拡大する計画。90年に国の事業許可が下り、92年に受け入れが始まった。

(2006-06-15 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

低レベル放射性廃棄物埋設センターの関連キーワード六ケ所村の核燃事業許可取り消し行政訴訟低レベル放射性廃棄物六ヶ所(村)六ヶ所村

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

低レベル放射性廃棄物埋設センターの関連情報