コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低回・彽徊 ていかい

大辞林 第三版の解説

ていかい【低回・彽徊】

( 名 ) スル
行きつ戻りつすること。心を決めかねて同じ所をうろうろすること。徘徊はいかい。 「池の畔を-する」
一つの事をつきつめて考えずに、余裕のある態度でいろいろと思考すること。 「代助は此ヂレンマの間に-した/それから 漱石

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報