コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低強度紛争 ていきょうどふんそう

大辞林 第三版の解説

ていきょうどふんそう【低強度紛争】

国際テロリズムやゲリラ活動など、戦闘の規模や程度が低い紛争およびそれに対する国家的対応のこと。核兵器を含む全面戦争の高強度紛争や、国家間における通常兵器による戦争の中強度紛争に対していう。 LIC 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

低強度紛争の関連キーワード全面戦争通常兵器核兵器LIC戦闘

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android