低温ポリシリコンTFT技術(読み)ていおんぽりしりこんてぃーえふてぃーぎじゆつ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

低温ポリシリコンTFT技術

TFT液晶の電極である薄膜トランジスター(TFT)の製法のひとつ。現在実用化されている高温ポリシリコン技術に比べ、低温で生成されたポリシリコン(多結晶シリコン)をトランジスタとして用いる。ポリシリコンは、従来のアモルファスシリコン(非結晶シリコン)より移動度が大きく、画素トランジスタの面積を小さくできる。そのため、画素の密度や透過率が向上し、従来のアモルファスTFT液晶に比べてクリアで明るく、消費電力が少ないという特徴がある。パーソナル・コンピュータ用のディスプレイなどへの実用化へ向けて、研究が続けられている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android