コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低軌道周回衛星通信 ていきどうきゅうかいえいせいつうしん low earth orbit

1件 の用語解説(低軌道周回衛星通信の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低軌道周回衛星通信
ていきどうきゅうかいえいせいつうしん
low earth orbit

LEO (レオ) 通信。地上数百 kmという低高度を周回する通信衛星を利用した移動体通信サービスの構想。高高度を周回する静止衛星を介した移動体通信では,衛星が地球から約3万 5000kmも離れているため,通話内容がお互いに届くまでに時間がかかり,遠距離国際電話をかけた時のような不自然な通話になるほか,受信に大きなアンテナが必要などの難点がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

低軌道周回衛星通信の関連キーワード電力線通信フレオン通信筒KMLEOフレオン11陸背斜スペシャルドリンクPanthera leo persicaLeo(星座)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone