住友ゴム工業[株](読み)すみともゴムこうぎょう

百科事典マイペディアの解説

住友ゴム工業[株]【すみともゴムこうぎょう】

住友電気工業系の大手タイヤ・メーカーで国内2位。1909年英国ダンロップ社が日本法人を創業。1917年ダンロップ護謨(ゴム)として設立。1937年日本ダンロップ護謨に改称。戦時中,敵産処分によりダンロップ社所有株を処分し中央ゴム工業に改称するが,1949年に資産・商号ともに復帰。1963年住友系の傘下に入り,現社名に改称。1984年欧米現地法人が本家・英国ダンロップ社タイヤ工場を買収し,話題となった。1999年タイヤ・メーカー世界3位の米国グッドイヤーと資本・業務提携,この連合でシェアは22%となり世界トップ。2003年,オーツタイヤと合併。ゴルフ用品などスポーツ用品にも強い。本社神戸,工場名古屋,白河など。2011年資本金426億円,2011年12月期売上高6769億円。売上構成(%)は,タイヤ87,スポーツ9,産業品ほか4。海外売上比率50%。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の住友ゴム工業[株]の言及

【ゴム工業】より

…第1次大戦も発展の契機となって大戦中に自転車タイヤは国産品に置き換わり,また機械工業の発展につれベルト需要が増大した。昭和に入ると,ゴム玩具やゴム靴の輸出が拡大し,自動車タイヤの国産化が進められてダンロップ護謨(極東)(現,住友ゴム工業),横浜護謨製造(現,横浜ゴム),ブリヂストンタイヤ(現,ブリヂストン)の3社が生産を開始した。しかし第2次大戦が始まると,輸出の激減,原料入手難などで大きな打撃を受けた。…

【タイヤ】より

…日本の自動車用タイヤはアメリカに次いで世界第2位の規模で,1995年の生産本数は1億4980万本,金額で7900億円となっている。自動車用タイヤの業界は世界的に寡占化の方向にあり,日本でもブリヂストン,横浜ゴム,住友ゴム工業,東洋ゴム工業の大手4社で生産全体の約9割を占める。 空気入りタイヤはイギリス人のJ.B.ダンロップが1887年に考案し,88年に特許をとった。…

※「住友ゴム工業[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android