住友シチックス(読み)すみともシチックス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住友シチックス
すみともシチックス

金属チタンとシリコンの大手メーカー。住友金属系。 1937年に設立された個人経営の大阪特殊製鉄所を母体に,50年改組して設立。住友金属工業と提携。 52年大阪チタニウム製造と改称,日本初のチタン生産工場を開設。 53年神戸製鋼所とも資本提携。 60年代初頭からシリコンの開発・製造に力を入れ,73年には住友金属工業と共同出資でシリコンウエハの製造会社,九州電子金属を設立。 92年同社を吸収し,翌 93年住友シチックスと改称。金属チタンは世界一のシェアを誇り,航空機向けやゴルフクラブ向けに着実な伸びを続けたほか,シリコンも半導体向けが好調を維持していた。 98年 10月,住友金属工業へ吸収される形で合併。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android