住友信託銀行[株](読み)すみともしんたくぎんこう

百科事典マイペディア「住友信託銀行[株]」の解説

住友信託銀行[株]【すみともしんたくぎんこう】

住友系の上位信託銀行。1925年信託業法に基づき住友財閥が住友信託を設立。財閥解体政策により,1948年富士信託銀行と改称するが,1952年に住友信託銀行と商号復帰。戦後の信託業界主力商品である貸付信託制度の創設を強力に推進。1950年代中盤まで業界トップの地位にあった。商品開発に積極的で,効率経営でも知られる。不良債権問題で経営の行き詰まった日本長期信用銀行との合併が検討されたが,公的資金の導入額等で折り合わずとりやめになった。1999年3月政府による公的資金2000億円を導入したが,2004年1月に全額返済。2011年中央三井トラスト・ホールディングと経営統合し,三井純友トラストホールディングスの傘下となる。2012年中央三井信託銀行,中央三井アセット信託銀行との合併により三井住友信託銀行として発足。本店大阪。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報