住友商事[株](読み)すみともしょうじ

百科事典マイペディアの解説

住友商事[株]【すみともしょうじ】

住友財閥系の大手総合商社。1919年設立の大阪北港(株)を母体とし,1944年住友ビルディングを合併し住友土地工務となる。1945年の財閥解体で同社に商事部門を設け,日本建設産業と改称,1952年現名に改称。金属,機械,化学製品の扱いが多い。堅実経営で財務内容のよさが知られていたが,1996年銅地金取引で不正が発覚,26億ドルの損失を被った。最近ではCATV事業や都市再開発事業で独自の展開をみせている。本社東京。2011年資本金2192億円,2011年3月期売上高8兆3503億円。売上構成(%)は,金属18,輸送機・建機15,インフラ3,メディア・ライフスタイル7,資源・化学品26,生活産業・建設不動産9,その他22。
→関連項目イーバンク銀行[株]サミット[株]総合商社

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すみともしょうじ【住友商事[株]】

日本有数の旧財閥系総合商社。本社大阪市中央区。住友グループの中核商社。1919年大阪港北接地域の開発と同地域の新港築造を目的として設立された大阪北港(株)が前身。この大阪北港は,44年(株)住友ビルディングとの合併により住友土地工務(株)と改称され,住友財閥の不動産部門となった。第2次大戦後の45年11月,住友財閥は住友本社解体に伴う余剰人員と住友系企業の引揚者を吸収する必要に迫られ,窮余の策として住友土地工務に商事部門を設置し,社名を日本建設産業(株)と改称した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android