コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住友金属鉱山(株) すみともきんぞくこうざん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

住友金属鉱山(株)
すみともきんぞくこうざん

非鉄金属総合メーカー。1950年(昭和25)財閥解体により井華(せいか)鉱業(旧住友鉱業)の第二会社別子(べっし)鉱業として分離、設立され、52年に住友金属鉱山と改称した。ただし、事業の始まりは、1590年(天正18)に住友家が京都で銅の製錬業を開始したときにさかのぼる。住友金属鉱山の根幹をなしてきた別子銅山(愛媛県)は、1690年(元禄3)に住友家によって発見され、住友財閥の中心的事業として歴史的な使命を果たしたが、1973年採鉱を終結した。1960年代以降国内鉱から海外鉱へ重点を移し、カナダ、チリ、オーストラリア、インドネシアなど世界各地で海外鉱源の獲得に努めて、海外鉱山開発で同業他社に先行している。同時に、建材、電子部品材料、化学品など事業の多角化を推進。電気銅、電気金、電気ニッケルの生産で業界トップクラスを占める。資本金932億円(2008)、売上高9468億円(2007)。別子などに事業所をもつ。[橘川武郎]
『『住友金属鉱山二十年史』(1970・住友金属鉱山) ▽住友金属鉱山株式会社住友別子鉱山史編集委員会編『住友別子鉱山史』(1991・住友金属鉱山株式会社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

住友金属鉱山(株)の関連キーワード住友金属鉱山菱刈鉱山

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android