コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住友銀行支店長射殺事件

1件 の用語解説(住友銀行支店長射殺事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

住友銀行支店長射殺事件

94年9月14日朝、同行名古屋支店長の畑中和文さんが、名古屋市千種区のオートロック式マンションの自宅玄関前で、頭部を銃で撃たれて死んでいるのが見つかった。使用された短銃は、38口径の米国製「レディースミス」で当時、日本では珍しいものだった。事件の背景を巡っては、バブル期の不良債権の処理が進められていたことから、様々な憶測を呼んだが、標的が畑中さん個人なのか、同行なのか絞りきれず、捜査は難航している。

(2009-08-22 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住友銀行支店長射殺事件の関連キーワード矢田績名古屋扇速水優青木隆安念精一伊藤喜一郎鈴木亨市密田博孝三宅重光渡辺義郎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone