コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住吉踊り すみよしおどり

大辞林 第三版の解説

すみよしおどり【住吉踊り】

大阪住吉大社に伝わる踊り。音頭取りが長柄の傘を持ってその柄を扇子で打ちながら歌をうたい、菅笠すげがさをつけた僧形の四人の童子(人数不定の場合もある)が、その周りを団扇うちわを打ちながら踊りまわる。古くは住吉代参の祈禱きとうのために神宮寺の社僧が各地を巡った。のち江戸に入り願人坊主によって流布されたのが「かっぽれ」である。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

住吉踊りの関連キーワード古今亭 志ん朝(3代目)雷門 助六(8代目)三遊亭 円弥願人坊主かっぽれ音頭取り神宮寺寄席社僧僧形長柄

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住吉踊りの関連情報