コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住吉踊り(読み)すみよしおどり

大辞林 第三版の解説

すみよしおどり【住吉踊り】

大阪住吉大社に伝わる踊り。音頭取りが長柄の傘を持ってその柄を扇子で打ちながら歌をうたい、菅笠すげがさをつけた僧形の四人の童子(人数不定の場合もある)が、その周りを団扇うちわを打ちながら踊りまわる。古くは住吉代参の祈禱きとうのために神宮寺の社僧が各地を巡った。のち江戸に入り願人坊主によって流布されたのが「かっぽれ」である。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住吉踊りの関連情報