コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住宅再建支援制度

1件 の用語解説(住宅再建支援制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

住宅再建支援制度

福井豪雨後、県は、住宅の再建・補修費などを補助する独自の被災者住宅再建補助金制度を設けた。全壊世帯に最大400万円、半壊世帯に同200万円を支給する。全国で初めて、一部破損・床上浸水世帯も対象とし同50万円の支給に踏み切った。今年3月に締め切られた利用申請では被災3720世帯のうち2880世帯(77・4%)が申請。まだ数件分の支給が残るが、これまでに県と市町から約16億4700万円が支給されたという。一方、国の被災者生活再建支援制度は、全壊と大規模半壊世帯を対象に住宅の解体・整地費などに最大300万円を支給。世帯主の所得や年齢制限があり、支給を受けた県内の被災世帯は30世帯、支給総額は計約2500万円となっている。

(2006-07-17 朝日新聞 朝刊 福井全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住宅再建支援制度の関連キーワード公団住宅住宅地雨後豪雨補修住宅瑕疵担保責任保険住宅の品質確保の促進に関する法律しまね田舎ツーリズム熊本県美里町の豪雨災害被災者生活再建支援法の見直し論議

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

住宅再建支援制度の関連情報