住木 諭介(読み)スミキ ユスケ

20世紀日本人名事典の解説

住木 諭介
スミキ ユスケ

昭和期の農芸化学者 東京大学名誉教授。



生年
明治34(1901)年2月10日

没年
昭和49(1974)年9月11日

出生地
新潟県

学歴〔年〕
東京帝国大学農学部農芸化学科〔大正14年〕卒

学位〔年〕
農学博士〔昭和7年〕

主な受賞名〔年〕
藤原賞〔昭和35年〕,日本学士院賞〔昭和38年〕

経歴
理化学研究所嘱託、東大農学部講師、助教授を経て昭和21年教授。農学部長を務め、36年退官後名誉教授、37年理化学研究所副理事長。イネのイモチ病につくブラストサイジンSの発見などで貢献。著書に「味の化学」「植物ホルモン」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

住木 諭介 (すみき ゆすけ)

生年月日:1901年2月10日
昭和時代の農芸化学者。東京大学教授
1974年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android