コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住民がつくる協議会

1件 の用語解説(住民がつくる協議会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

住民がつくる協議会

住民がつくる協議会伊賀市が2004年の合併で誕生した際、自治基本条例住民自治協議会の設置を盛り込み、38地区のうち37地区で発足した。自治協は行政に施策などの提案ができ、同市が地区に「重大な影響が及ぶ」事業などを実施する際は、自治協の同意を得る必要があることなどを定めている。松阪市の住民協議会は06年に設置され、43地区のうち23地区で発足。防災対策や高齢者が出す不燃物の回収などの課題に取り組む。市は設立年度に50万円、次年度からは人口割などで55万~119万円を交付している。

(2011-04-17 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住民がつくる協議会の関連キーワード伊賀焼伊賀市食生活改善協議会高水協議会地域協議会龍ケ崎市と利根町の合併話南魚沼、魚沼両市の合併の経過東彼杵・波佐見・川棚3町の合併問題岩国基地に関する協議会川上ダムと伊賀市の水道事業

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone