コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住民投票の対象となった都道計画

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

住民投票の対象となった都道計画

府中市と東村山市を結ぶ約13.6キロの都道「府中所沢線」の未着手部分のうち、1963(昭和38)年に都市計画決定された小平市内の約1.4キロ区間。幅36メートルの片側2車線で、事業費は約250億円。雑木林や玉川上水周辺の樹木約480本が伐採され、約220戸が立ち退きの対象になる。完成後の交通量は1日約3万3千台の見込み。都は2020年までの完成をめざす。

(2014-09-06 朝日新聞 朝刊 東京都心 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

住民投票の対象となった都道計画の関連キーワード府中市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android