佐々 友房(読み)サッサ トモフサ

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「佐々 友房」の解説

佐々 友房
サッサ トモフサ


肩書
衆院議員(大同倶楽部)

別名
幼名=寅雄 坤次 号=克堂 鵬洲

生年月日
安政1年1月23日(1854年)

出生地
肥後国熊本(熊本県熊本市坪井町)

経歴
旧熊本藩士の子。藩校時習館に学び、のち水戸学の影響を受ける。征韓論決裂後、「時勢論」を著し、西南戦争では熊本隊を組織して、薩軍に属す。明治15年同心学舎を発展させた私立中学・済々黌を設立。23年熊本国権党副総理となり、以後衆院議員に9期連続当選を果たす。この間、国民協会帝国党、大同倶楽部などの中心メンバーとして活躍。また大陸通として知られ、東亜同文会とも関係があった。著書に「戦袍日記」など。

没年月日
明治39年9月28日

家族
三男=佐々 弘雄(法学者・参院議員) 孫=紀平 悌子(参院議員) 佐々 淳行(評論家・防衛施設庁長官)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典「佐々 友房」の解説

佐々 友房 (さっさ ともふさ)

生年月日:1854年1月23日
明治時代の政治家。衆議院議員
1906年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android