コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐倉真邦

1件 の用語解説(佐倉真邦の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

佐倉真邦

江戸後期の国学者。豊麿の男。通称は貢、池有亭と号する。本居宣長門に入る。和歌や書画にも優れた。文化・文政年間の人。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐倉真邦の関連キーワード安部惟貞今村宗博生田萬岩月白華歌川豊麿畑中西山西村正邦桜井信景鶴峰戊申堀江宗彰

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone