佐多 愛彦(読み)サタ アイヒコ

20世紀日本人名事典の解説

佐多 愛彦
サタ アイヒコ

明治〜昭和期の病理学者 大阪医科大学長。



生年
明治4年9月17日(1871年)

没年
昭和25(1950)年3月4日

出生地
鹿児島県

学歴〔年〕
鹿児島医学校〔明治21年〕卒,東京帝大医科大学選科卒

学位〔年〕
医学博士〔明治33年〕

経歴
外科学、病理学を学び、明治27年府立大阪医学校教諭となり、30年ドイツに留学、病理学、細菌学を修めた。33年大阪府立医学校長兼病院長となり、同校の昇格で大阪高等医学校校長、次いで大阪医科大学学長となった。大正13年辞任。昭和5年第8回日本医学会会頭、ドイツのハレ自然科学帝国学士院会員、フライブルク大学名誉評議員、日独文化協会会長。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android