コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐治 敬三 サジ ケイゾウ

1件 の用語解説(佐治 敬三の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

佐治 敬三
サジ ケイゾウ

昭和・平成期の実業家 サントリー会長;TBSブリタニカ会長;大阪21世紀協会会長。



生年
大正8(1919)年11月1日

没年
平成11(1999)年11月3日

出生地
大阪府大阪市東区道修町

出身地
兵庫県川西市

旧姓(旧名)
鳥井

学歴〔年〕
大阪帝国大学理学部化学科〔昭和17年〕卒

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和51年〕,フランス芸術文化勲章〔昭和61年〕,西ドイツ功労勲章大功労十字章〔昭和61年〕,アギラ・アステカ勲章(メキシコ)〔昭和62年〕,スウェーデン王立理工学アカデミー会員〔昭和62年〕,オーストリア・コマンダークロス勲章〔昭和63年〕,勲一等瑞宝章〔平成1年〕,レジオン・ド・ヌール勲章オフィシエ章〔平成2年〕,イタリア功績勲章〔平成3年〕,オランダ・オレンジ・ナッソウ勲章〔平成3年〕,モンブラン文化賞(ドイツハンブルク)〔平成6年〕,ウィーン市名誉金章〔平成6年〕,フランツ・シャルク・メダル〔平成11年〕,毎日スポーツ人賞(文化賞 平11年度)〔平成12年〕,毎日経済人賞(特別賞 第20回)〔平成12年〕

経歴
寿屋(サントリーの前身)の創業者・鳥井信治郎の二男。中学入学時に母方の佐治姓に。昭和20年寿屋入社。22年取締役、24年専務を経て、36年社長に就任。この間、25年に“トリス”の大量生産販売体制をつくり、30年以後の洋酒ブーム“トリスバー文化時代”を築く。またPR誌「洋酒天国」の編集に開高健らを起用し、広告主導型の現代経営を打ち出した。38年社名をサントリーに変更、同年社運をかけてビール事業に進出、以後、飛躍的に事業を拡大させ、理科系の技術者らしからぬ経営手腕は高く評価された。56年TBSブリタニカで出版業界にも進出。また、企業の社会・文化活動の重要性を早くから唱え、36年サントリー美術館、44年サントリー音楽財団、54年サントリー文化財団などを設立、幅広い活動を展開した。平成2年サントリー会長。大阪商工会議所会頭、日商副会頭、関西経済同友会代表幹事、日本洋酒造組合理事長、大阪バイオサイエンス研究所理事長、大阪21世紀協会会長などを歴任。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐治 敬三の関連情報