佐羽吉右衛門(2代)(読み)さば きちえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐羽吉右衛門(2代) さば-きちえもん

1772-1825 江戸時代後期の商人,漢詩人。
明和9年3月10日生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)の人。初代吉右衛門の養子となり,文化7年2代をつぎ絹仲買商を発展させ,上州三富豪の一つにそだてる。学をこのみ,漢詩をよくした。文政8年7月4日死去。54歳。名は芳。幼名は安之助。字(あざな)は蘭卿。号は淡斎。著作に「淡斎詩集」。
【格言など】他人に損をさせず,己を益すること薄利多売,共存共栄(家訓)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android