佐藤 和三郎(読み)サトウ ワサブロウ

20世紀日本人名事典の解説

佐藤 和三郎
サトウ ワサブロウ

昭和期の相場師 中央開発社長;元・合同証券社長。



生年
明治35(1902)年2月13日

没年
昭和55(1980)年8月15日

出生地
新潟県新発田市

学歴〔年〕
尋常小学校卒

経歴
大正初めに尋常小学校卒後、単身上京、16歳で証券界に入り、業者間の仲介をしながら次第に相場師として頭角をあらわす。昭和24年合同証券設立、26年いわゆる“旭硝子事件”で相場師としての名を高めた。背が低く肥満体であることから“ブーちゃん”のあだ名で親しまれ、獅子文六氏の小説「大番」の主人公ギューちゃんのモデルとして有名だった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

佐藤 和三郎 (さとう わさぶろう)

生年月日:1902年2月13日
昭和時代の相場師。合同証券社長
1980年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android