佐藤 達夫(読み)サトウ タツオ

20世紀日本人名事典の解説

佐藤 達夫
サトウ タツオ

昭和期の官僚 人事院総裁;法制局長官。



生年
明治37(1904)年5月1日

没年
昭和49(1974)年9月12日

出生地
福岡県久留米市

学歴〔年〕
東京帝国大学法学部〔昭和3年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本エッセイストクラブ賞(第15回)〔昭和42年〕「植物誌

経歴
昭和3年内務省に入り、7年法務局に移り、22年から29年まで法制局長官を務めた。30年国会図書館専門調査員を経て、37年人事院総裁に就任、49年に死去するまでその職にあった。この間、日本国憲法の立案を担当したほか、国家公務員法の制定に参画。著書に「国家総動員法」「国家公務員制度」「日本国憲法成立史」などのほか、「植物誌」「花の画集」(全3巻)「法律の悪魔」などの随筆集がある。趣味の広さでも定評があり、日本エッセイストクラブ賞を受けた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

佐藤 達夫 (さとう たつお)

生年月日:1904年5月1日
昭和時代の官僚。人事院総裁
1974年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

佐藤 達夫の関連情報