佐藤清(1)(読み)さとう きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤清(1) さとう-きよし

1883-1968 明治-昭和時代の病理学者。
明治16年10月3日生まれ。43年より東京帝大で長与又郎(またお)にまなぶ。日本赤十字社病院病理部長,熊本医大教授をへて,大正15年東京女子医専教授となる。長与とのツツガムシ病の共同研究や血液学の業績で知られた。昭和43年9月1日死去。84歳。北海道出身。千葉医専卒。著作に「図説血液学の臨床」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android