コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐賀市議選開票ミス

1件 の用語解説(佐賀市議選開票ミスの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

佐賀市議選開票ミス

52人が立候補した合併に伴う佐賀市議選(定数38)が05年10月23日に投開票された。市選管は当初、投票者数より投票総数が13票多いと発表。その後、68票の票を100票と誤って入力していたことが判明し、実際は投票者数より投票総数が19票不足していた。市選管は19票を有権者による「持ち帰り・その他」として処理したが、最下位当選者の吉川隆さんと案分の0・226票差で落選した永渕利己さんらが不服として、県選管への審査申し立てなどを経て提訴。福岡高裁は昨年8月、吉川さんの当選を無効とする判決を言い渡した。

(2007-02-28 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐賀市議選開票ミスの関連キーワード佐賀市立候補届け出立候補市議選佐賀市議選開票作業ミス春日井市議補選の定数ミス問題団塊世代と選挙中国の地方選挙無投票選挙区北九州市議選の偽投票用紙事件

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone