佐賀県三養基郡みやき町(読み)みやき〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕みやき〈町〉(みやき〈ちょう〉)


佐賀県北東部にある町。脊振(せふり)山地南麓、筑後(ちくご)川下流北岸に位置する。三養基(みやき)郡
北部・南部で福岡県に接する。2005年(平成17)、三養基郡の中原町、北茂安町、三根町が合併して成立。鳥栖市、福岡・久留米市と隣接しベッドタウンになっている。稲作を中心にイチゴ・アスパラガス・タマネギの栽培が盛ん。白石焼が特産。旧・三根町ではイグサの栽培と畳表(たたみおもて)の生産が盛ん。久留米・鳥栖テクノポリス地域に指定されており、自動車部品・電機・機械などの工場が進出。姫方遺跡は弥生時代から古墳時代の複合古墳。国立病院機構東佐賀病院がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android