コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐賀県三養基郡上峰町 かみみね〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕上峰〈町〉(かみみね〈ちょう〉)


佐賀県東部、脊振(せふり)山地南麓から筑紫(つくし)平野にかけて広がる町。三養基(みやき)郡
1989年(平成元)11月より町制施行。米麦作と野菜栽培・畜産酪農が盛ん。佐賀東部中核工業団地のほかに、機械・金属・製紙などの工場が進出している。堤土塁(つつみどるい)跡歴史公園がある。老松神社で2年に一度米多浮立(めたふりゅう)の神事が奉納される。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

佐賀県三養基郡上峰町の関連キーワード佐賀県三養基郡上峰町前牟田佐賀県三養基郡上峰町江迎佐賀県三養基郡上峰町坊所佐賀県三養基郡上峰町堤筑紫

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android