佐賀県三養基郡上峰町(読み)かみみね〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕上峰〈町〉(かみみね〈ちょう〉)


佐賀県東部、脊振(せふり)山地南麓から筑紫(つくし)平野にかけて広がる町。三養基(みやき)郡
1989年(平成元)11月より町制施行。米麦作と野菜栽培・畜産酪農が盛ん。佐賀東部中核工業団地のほかに、機械・金属・製紙などの工場が進出している。堤土塁(つつみどるい)跡歴史公園がある。老松神社で2年に一度米多浮立(めたふりゅう)の神事が奉納される。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android