佐賀県伊万里市(読み)いまり〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕伊万里〈市〉(いまり〈し〉)


佐賀県西部の市。
伊万里湾に面し、長崎県に隣接する。江戸時代に伊万里焼の積み出し港として栄えた。明治期から唐津炭田南部の炭鉱都市として発展。1960年代以降、臨海部の工業開発が進み、造船・電機・窯業などの工場が進出。国の伝統的工芸品に指定されている伊万里・有田焼のほか、ナシ・ブドウ・ミカンなどの栽培も盛んで、「やきものとフルーツの里」をめざす。伊万里牛の畜産も行われる。鍋島藩窯(はんよう)公園がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐賀県伊万里市の関連情報