佐賀県小城市(読み)おぎ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕小城〈市〉(おぎ〈し〉)


佐賀県中部にある市。
筑紫(つくし)平野西部に位置し、北部は天山(てんざん)南麓、南部は有明海に臨む。2005年(平成17)、小城郡の小城町、三日月町、牛津町、芦刈町が合併して成立。この合併により、小城郡消滅。江戸時代、旧・小城町は佐賀藩支藩の陣屋町、旧・牛津町は長崎街道の宿場町・牛津川の河港として発展。干拓地や筑紫平野での稲作のほかイチゴ・ミカン・アスパラガスの栽培が盛ん。北部山間部では肉牛飼育、南部有明海沿岸では海苔(のり)の養殖が行われる。隣接する佐賀市のベッドタウンとして宅地化も進展。小城ようかんが名物。小城公園はサクラの名所として知られる。北東部には弥生時代から古墳時代の遺跡が多く、土生(はぶ)遺跡(弥生時代前期から後期)は国の史跡に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐賀県小城市の関連情報