コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐賀県武雄市 たけお〈し〉

1件 の用語解説(佐賀県武雄市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕武雄〈市〉(たけお〈し〉)


佐賀県にある地名。
2006年(平成18)、旧・武雄市と杵島(きしま)郡の山内町、北方町が合併して現在の姿となる。六角(ろっかく)川上・中流域を占め、西に黒髪(くろかみ)山系、南東に杵島山系の山々がある。中心地は『肥前国(ひぜんのくに)風土記』にも記された古くからの温泉場。江戸時代は佐賀藩武雄領の中心地。旧・北方町は長崎街道の宿場町、また炭鉱町としても栄えたが1972年(昭和47)までに閉山。武雄温泉を中心とする観光業・商業が活発なほか、黒牟田(くろむた)焼・弓野人形などの伝統的工芸品が特産品。稲作のほか、ミカン・野菜・茶なども栽培。旧・山内町は隣接する有田町とともに窯業が盛んで、陶磁器やタイルなどを生産する。御船(みふね)山にある鍋島別邸跡の御船山楽園はツツジの名所。黒髪山県立自然公園内の黒髪山カネコシダ自生地は国指定天然記念物に指定。伝統芸能の武雄の荒踊(あらおどり)は国の重要無形民俗文化財に指定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐賀県武雄市の関連キーワード井上萬二嬉野神埼佐賀佐賀医科大学佐賀大学建渓佐賀玉屋佐賀デイトスゆめタウン佐賀

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐賀県武雄市の関連情報