佐賀県神埼市(読み)かんざき〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕神埼〈市〉(かんざき〈し〉)


佐賀県北東部にある市。
脊振(せふり)山地東部、筑紫(つくし)平野中部に位置し、北部と南部は福岡県に接する。2006年(平成18)、神埼郡の神埼町、千代田町、脊振村が合併して成立。稲作のほかイチゴ・高冷地野菜の栽培が盛ん。山間部ではスギ・ヒノキの林業が行われ、コンニャク・カキ・ワサビを産する。特産品に神埼そうめんがある。東部の吉野ヶ里(よしのがり)町との境には、弥生時代の大規模な環壕集落である吉野ヶ里遺跡(国指定特別史跡)がある。九年庵(旧伊丹氏別邸)庭園は国指定名勝。千代田町には小説家・下村湖人(しもむらこじん)の生家がある。脊振山は登山客・ハイキング客に人気。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐賀県神埼市の関連情報