佐賀県神埼郡吉野ヶ里町(読み)よしのがり〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕吉野ヶ里〈町〉(よしのがり〈ちょう〉)


佐賀県北東部にある町。脊振(せふり)山地の南東部から、筑紫(つくし)平野中部に位置し、北部は福岡県と接する。神埼郡
2006年(平成18)、神埼郡の三田川町と東脊振村が合併して成立。稲作のほか野菜やイチゴの栽培が盛ん。JR長崎本線が通じ、長崎自動車道の東脊振インターチェンジがある。九州自動車道の鳥栖ジャンクションにも近く、交通の便がよいことから工業も発達。電機・製薬・食品・衣服などの工場がある。神埼市との境にある弥生時代の大規模な環壕集落、吉野ヶ里遺跡は国の特別史跡に指定。霊仙(りょうせん)寺跡は日本茶栽培発祥の地とされる。千石(せんごく)山のサザンカ自生北限地帯は、国の天然記念物に指定されている。陸上自衛隊目達原(めたばる)駐屯地がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android