コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐賀県神埼郡吉野ヶ里町 よしのがり〈ちょう〉

1件 の用語解説(佐賀県神埼郡吉野ヶ里町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕吉野ヶ里〈町〉(よしのがり〈ちょう〉)


佐賀県北東部にある町。脊振(せふり)山地の南東部から、筑紫(つくし)平野中部に位置し、北部は福岡県と接する。神埼郡
2006年(平成18)、神埼郡の三田川町と東脊振村が合併して成立。稲作のほか野菜やイチゴの栽培が盛ん。JR長崎本線が通じ、長崎自動車道の東脊振インターチェンジがある。九州自動車道の鳥栖ジャンクションにも近く、交通の便がよいことから工業も発達。電機・製薬・食品・衣服などの工場がある。神埼市との境にある弥生時代の大規模な環壕集落、吉野ヶ里遺跡国の特別史跡に指定。霊仙(りょうせん)寺跡は日本茶栽培発祥の地とされる。千石(せんごく)山のサザンカ自生北限地帯は、国の天然記念物に指定されている。陸上自衛隊目達原(めたばる)駐屯地がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐賀県神埼郡吉野ヶ里町の関連キーワード嘉瀬川神埼脊振山地脊振山川上峡背振山丸山古墳佐賀[市]脊振[村]東脊振[村]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐賀県神埼郡吉野ヶ里町の関連情報