コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐賀県鳥栖市 とす〈し〉

1件 の用語解説(佐賀県鳥栖市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕鳥栖〈市〉(とす〈し〉)


佐賀県北東端にある市。
北西部と東部が福岡県に隣接する工業都市江戸時代には、長崎街道の宿場町として繁栄。明治期以後は、九州有数の大型機関区・操車場をもつ鉄道の町として知られた。食品・電機・タイヤなどの工場が進出。北部の田代地区は伝統的に製薬業が盛ん。古来からの交通の要衝。国道3号・34号の分岐点で、九州自動車道長崎自動車道大分自動車道が交差する鳥栖ジャンクションがある。国指定史跡勝尾城筑紫氏遺跡がある。田代公園はサクラの名所。プロサッカーJリーグのサガン鳥栖本拠地がおかれている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐賀県鳥栖市の関連キーワード井上萬二佐賀尾張旭匝瑳那須海上[町]基山[町]佐賀[市]栄[村]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐賀県鳥栖市の関連情報