佐郷屋 留雄(読み)サゴウヤ トメオ

20世紀日本人名事典の解説

佐郷屋 留雄
サゴウヤ トメオ

昭和期の右翼活動家 浜口雄幸狙撃事件。



生年
明治41(1908)年12月1日

没年
昭和47(1972)年4月14日

出生地
旧満州・吉林省

別名
改名=佐郷屋 嘉昭(サゴウヤ ヨシアキ)

学歴〔年〕
政治学校卒

経歴
船員となるが、ストに参加して解雇され満州に渡る。昭和5年岩田愛之助の愛国社に入り、同年11月14日東京駅頭で浜口雄幸首相を狙撃(翌年死去)、8年死刑判決を受けるが翌年恩赦で無期懲役、15年出獄。戦後29年井上日召らと護国団及び大日本護国団を組織、のち日本同盟に改組。36年には全日本愛国社団体会議議長となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

佐郷屋 留雄 (さごうや とめお)

生年月日:1908年12月1日
昭和時代の右翼運動家
1972年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐郷屋 留雄の関連情報